デスクワーク中心の薬剤師求人サイト

デスクワーク業務を中心として働きたい薬剤師さんの方へ

薬剤師の一般的な職場は調剤薬局やドラッグストアになりますが、なかには「薬剤師資格を活かしながらデスクワークを中心として働きたい方」もいらっしゃるでしょう。これらのデスクワークの求人は、一般企業や治験企業などから出ている場合が多いです。

とはいえ、これらの求人はレアですので一般市場にはなかなか流通しておらず、薬剤師転職サイトが非公開求人として保有している場合がほとんどです。そのため、希望の求人を見つけるためには転職サイトへの登録がマストと言えるでしょう。

薬剤師の転職サイトは無料なので、気軽に利用することができます。ぜひ積極的に活用していきましょう!

薬剤師のデスクワーク求人も見つかる【人気サービス一覧】

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細


マイナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細


エムスリーキャリア 無料 ★★★★ 東京・神奈川・埼玉・千葉 詳細


ヤクステ 無料 ★★★★ 全国 詳細


ファルマスタッフ 無料 ★★★★ 全国 詳細


デスクワーク中心の求人をお探しの薬剤師の方へ!

一般的な薬剤師の仕事というのは割合に体力が必要なものが多い傾向にあります。立ちっぱなしの仕事も多く、薬剤師資格を持っているもののそういった仕事を嫌って薬剤師としての仕事を探していない、という人も多いのが現状です。ただ、実際にはデスクワークを中心としている薬剤師の仕事というのも存在しています。

では、デスクワークが中心となる薬剤師の仕事というのはどのようなものでしょうか?顧客の処方箋を受けて調剤を行なう、というような実地的な仕事ではないものが中心となります。仕事先も直接患者と向き合う薬局などの現場ではなく、財団法人などの現場が中心となっています。こういった現場で薬剤関係の論文を読むなどの仕事が薬剤師のデスクワークの中心となっています。

というのも、薬剤関係の論文というのは英文で書かれているものがほとんどであるためです。そのままでは読みにくいために、より日本人にとって読みやすく、使いやすいものにするために日本語訳を行なうことになります。そのため、薬剤師資格だけではなく英語力があると就職に有利です。ただし、それほど堪能な英語力がないという方であっても、辞書等のツールを使うことで十分作業を進めていくことが出来る程度の難易度であるため、英語が出来ないという理由で諦めてしまう必要まではありません。

こういったデスクワークの場合、多くの現場で問われることになる実地経験というものが求められにくい傾向にあるのもポイントです。薬剤師資格を持っているものの一度も現場に出たことがない、という場合でも始めることが出来ることが多いため、体力が必要となる現場薬剤師の仕事をしたくないものの、薬剤師資格を活かしたいという場合に選択することが出来ます。

勿論、ただ嫌だ、というだけではなく、体力や体調面で問題がある人にとっても良い選択肢となります。例えば実際に多いのが、腰痛などの持病を抱えているために立ちっぱなしでフルタイムの仕事をするのが難しいという場合です。デスクワークならば座ったままで仕事をすることが出来ますので、腰痛によるダメージもそれほど受けることなく働く事ができます。

新しく薬剤師資格を活かして仕事をしたいという人は勿論、現在薬剤師として薬局等で仕事をしているものの、何かしらの事情によってそのまま続けるのが難しくなった場合にも良い選択です。諦めてしまうのではなく、薬剤師としての仕事を続けられる選択肢を探してみると良いでしょう。


Copyright (C) 2014-2017 デスクワーク中心の薬剤師求人サイト All Rights Reserved.