DI・学術業務中心の薬剤師デスクワーク求人なら

デスクワーク求人TOP >> 求人一覧 >> DI・学術業務中心の薬剤師デスクワーク求人なら

DI・学術業務中心の薬剤師デスクワーク求人なら

薬剤師としてのデスクワークには複数の種類があります。その中でも「DI業務」「学術業務」というものがあり、求人サイト等でもこれらが求められていることが多くあります。これらの業務はいずれも製薬会社からの求人が中心で、薬剤師としての一般的な現場である調剤薬局や病院などからの求人はほとんどありません。必然的に仕事先の探し方というのも変わってきます。

医薬品というのは日々進化を続けています。求人を出している製薬会社は勿論、世界中の製薬会社によって開発された新薬に関する情報は増え続けています。学術業務というのはこういった増え続ける医薬品関係の論文や報告書などに目を通し、日本語訳をしたり書類としてまとめたりという仕事が中心となります。この業務を行なうためには医薬品に関する知識だけではなく、同時に一定の英語力が必要となります。収入だけではなく、常に最新の医薬品情報を目にすることが出来るというのもこの仕事の魅力の一つです。最新の医薬品に対して興味がある場合には、積極的に検討すると良いでしょう。

DI業務とはDrug Information業務のことです。多くの場合、学術業務と合わせて募集が行われているため、いずれも出来ることが条件となっていることも少なくありません。DI業務は他社による医薬品の情報を収集したり、管理したりすることと、自社で作成した医薬品に対する顧客からの質問に対応することの2つに分類されます。後者については直接電話などで対応を行なうことが必要となるため、外との繋がりが薄いデスクワークではありません。外部に向けて説明を行わなければならない関係上、高い知識や応用力が求められることも多い業務です。

薬剤師としての知識だけではない、多面的な能力が求められる仕事です。雇用形態についても選択肢の幅があり、製薬会社によっては正社員としての求人を出している場合もあります。現場での薬剤師の仕事は年齢と共に体力などの問題から厳しくなってくることも多く、長く勤めることを考えるならこういったデスクワークが中心の薬剤師というのも考えておくことが重要です。

これらの業務というのはそれほど頻繁に求人が出されているものではありません。待遇は良いものが多いですが、仕事を見つけられないというのでは意味がありませんので、少ない求人を見逃さないようにしておくことが重要です。複数のサイトに登録するなどして対応しておくことで確率を上げることが出来ます。


Copyright (C) 2014-2017 デスクワーク中心の薬剤師求人サイト All Rights Reserved.