パートの薬剤師デスクワーク求人なら

デスクワーク求人TOP >> 求人一覧 >> パートの薬剤師デスクワーク求人なら

パートの薬剤師デスクワーク求人なら

薬剤師として仕事をする場合の1つの選択肢として、パートタイマーとしての仕事が挙げられます。薬剤師としてパートタイマーに求められる仕事は多くあります。例えばその1つとしてDI業務があります。DIというのはDrug Infromationの略称で、薬剤情報の管理を行なう仕事となります。この場合、製薬会社などでの求人が中心となります。製薬会社では自社の販売した薬についての情報を顧客に対して提供する必要があります。また、場合によっては顧客からの質問に答える必要もあります。DI業務ではこれらの書類の作成や応対などを行なうことになります。

薬剤師としての知識が必要とされますが、多くの製薬会社は自社の薬についての情報をまとめたものを持っており、それを元にして書類の作成や応対を行なうことになります。そのため、自分で判断しなければならないという部分はそれほど多くありません。現場経験などが問われない場合が多いため、正社員の仕事を探しながらの繋ぎとして仕事をする場合や、時間的な問題があってフルタイムの仕事ができない場合などに選択することができます。

専門性が高いことから、全体的に時給が高めに設定されている傾向があります。そのため、パートタイマーではあるものの、それほど収入が少なくなるということはありません。より多くの収入を得たい場合にはフルタイムパートという形で求人を行っている会社も存在しているため、合わせて検討してみるのが良いでしょう。

正社員や契約社員ではなくパートタイマーとして薬剤師の仕事を探すメリットは、時間の融通が効くということにあります。時給制度を取っているために、自分の都合によって時間を調節しやすい傾向があります。パートタイマーとはいえ労働者であることには変わりませんので、労働基準法上の扱いを受けることができます。

パートタイマーとして仕事をすることのデメリットは、定期的な昇給が期待しにくいことです。そのため、あくまでも短期間の仕事先として考える方向で進めた方が無難です。ただし、これらの仕事というのはそれほど求人が多いものではありません。少ない求人を見逃さないようにするために、仕事がある時を見逃さないようにすることが重要です。パート募集を見ることが出来る求人サイトなどに登録し、アンテナを張っておくことが良い仕事先を探すために重要になります。出来れば複数に登録し、少ない仕事先を逃さないように注意しましょう。


Copyright (C) 2014-2017 デスクワーク中心の薬剤師求人サイト All Rights Reserved.