製薬メーカーの薬剤師デスクワーク求人なら

デスクワーク求人TOP >> 求人一覧 >> 製薬メーカーの薬剤師デスクワーク求人なら

製薬メーカーの薬剤師デスクワーク求人なら

薬剤師に対する求人があるのは薬局や病院などの医療機関だけではありません。同じく多くの薬剤師が必要とされるのが製薬メーカーです。製薬メーカーには薬剤師だけで複数の業務が存在しており、それぞれに求人が出ています。一部業務は兼任することが有りますので、それぞれの業務について知った上で求人を探す必要があります。

製薬メーカーに求められる薬剤師として、まずは学術担当の薬剤師を挙げることが出来ます。医薬品の技術というのは日進月歩で進歩しているため、他社の情報や研究の成果というものをリサーチすることが重要になります。多くの医薬品関係の論文は英語で記されているため、これを現場の人間でも理解し易いものとするために日本語にローカライズする作業が必要になります。学術担当は英語論文を日本語に訳すのが主な仕事です。そのため、当然ながら薬剤師の資格と同時にある程度の英語力を求められることになります。基本的に完全なデスクワークなので体力は必要ありません。

次に、DI業務があります。Drug Informationの略称であるこの業務は、製薬メーカーなら自社で作成した医薬品について、顧客からの質問などに答えるというのが中心です。電話対応などを直接行なうことになるため、デスクワークではあるものの対外的な仕事となります。多くの場合DI業務は学術業務と兼任の場合が多いので、必然的に学術業務を担当出来るような英語力を持っていることが求められる可能性が高くなります。

他に製薬メーカーに求められる薬剤師業務として、品質管理業務があります。薬剤を扱う会社というのは薬事法によって薬剤師による管理を行なうことが義務付けられています。常に品質が問題ない状態になるように管理を行なうのがこの業務です。この業務には薬剤の状態が正しいものかどうかを試験する試験業務を同時に担当することになるのが普通です。

このように、製薬メーカーの薬剤師にもデスクワークを中心とした求人がいくつか存在しています。ただ、基本的に最も多く求人が出されているのはMR(医薬情報担当者)や医療営業です。そのため、デスクワークを中心とする業務に就きたいのであれば、特に求人に敏感な環境を作っておくことが重要です。複数の薬剤師向け求人サイトに登録するなどして、常に多くの求人を閲覧出来るようにしておきましょう。そうすることで、それほど多くはないデスクワークの求人を見逃さずに就職・転職活動を進めることが出来ます。


Copyright (C) 2014-2017 デスクワーク中心の薬剤師求人サイト All Rights Reserved.